MENU

効果が高い冬の育毛対策とは?

 

葉がすべて抜け落ちた木

 

冷たい風がやってくる冬は、秋に次いで抜け毛が多い季節だと言われています。

 

 

冬の乾燥した空気に敏感な女性にはとても厄介な季節ではありますが、
じつは、育毛活動をしている男性にとっても厄介な季節なのです。

 

ここでは、冬に抜け毛が増えやすい理由と効果が高い冬の育毛対策を説明します。

なぜ冬は抜け毛が増えるのか?

 

冬がやってくると、吐く息が白く見えるくらい
冷たい空気が体を冷やしてきます。

 

しかし、冬は寒いだけでなく、空気が非常に乾燥します。

 

 

空気が乾燥すると肌トラブルが起こりやすいと言われているので、
美肌に敏感な女性にとって冬は油断大敵な季節です。

 

 

ですが、育毛対策を行なっている男性にとっても油断大敵な季節でもあります。
なぜなら頭皮も肌であって、冬の季節は頭皮のトラブルも起こりやすいからです。

 

 

「空気の乾燥」が頭皮に及ぼす影響を具体的に説明します。

 

@まず、頭皮が乾燥することによって頭皮が傷んで、頭皮の機能が低下する

 

A弱った頭皮は、髪が抜けやすい環境になる。

 

Bさらに頭皮が傷むとフケや痒みが起こり始める。

 

Cそれに伴い抜け毛も増える。

 

 

空気の乾燥というのは、このように頭皮にダメージを与えやすいのです。

 

 

また冬独特の「冷え」というものも頭皮に悪影響を及ぼします。

 

体の中で手や顔や頭皮は常に露出している部分です。

 

常に冷たい空気にさらされている部分なので、
肌の中では冷えやすい部分になります。

 

言い換えれば「血の巡りが悪くなりやすい部分」でもあります。

 

 

手の冷えであれば、手を擦るなどして血行を容易に促進することができますが、
しかし、頭皮の血行は容易には促進できません。

 

 

冷えによって血行が悪くなった頭皮は、毛根に必要な栄養が行き届かなくなりやすく、切れ毛や抜け毛の要因にもなります。

 

 

このように、「空気の乾燥」や「冷え」が、冬に抜け毛が増える要因になるのです。

 

冬に効果のある育毛対策

 

このようなに抜け毛が増える冬ですが、季節に合わせた効果的な育毛対策があります。

 

 

乾燥を防ぐ

 

冬は夏に比べて湿度が低くて乾燥しています。
そのため、何もしなくても頭皮は乾燥しやすい状態になっています。

 

ですので、外では仕方ありませんが、
室内に居る場合は部屋に加湿器を置くのが有効です。

 

加湿器が無い場合は、洗濯物を室内に置いておくのも効果的です。
またお湯を沸かした蒸気を室内に広げるのもおすすめです。

 

ただし、乾燥を防ぐために帽子を被ることは避けましょう。

 

帽子は髪にも頭皮にも圧を与えてしまうので、血流を悪くするだけでなく、
帽子を被ることにより髪が擦れる状態が生まれるので切れ毛の原因にもなります。
帽子はオシャレ程度にするくらいがちょうど良いのです。

 

 

冷えを防ぐ

 

冷えは頭皮や髪にもダメージを与えるので、
できるだけ体を冷やさない工夫をしましょう。

 

 

冷えは血行不良につながります。

 

 

そこで、「首を温める」ことを率先して行ないましょう。首を温めることで血流が良くなります。

 

 

外にいるときはマフラーやストールを活用して常に首を温めるのがおすすめです。

 

 

またお風呂に入ったときは、
頭皮をマッサージするのもおすすめですが、
凝り固まった首や肩をマッサージするのも効果的なのでおすすめです。 

 

マフラーをまいている男性

 

体を温める食事を摂る

 

冬は体を温める食事を摂ることを心掛けましょう。

 

 

体が温まっていないと頭皮の血流が悪くなってきます。
体を温める効果があるとされている「しょうが」「唐辛子」などです。

 

 

これらの食品を毎日継続して摂ることができればいいのですが、
思うように続けられないと感じる人もいると思います。

 

 

そこでおすすめなのが、「しょうが紅茶」です。
紅茶にすりおろしたしょうがを混ぜるだけです。
あとはポットの中に入れておけば、
いつでも気軽に飲むことが簡単になります。
体がほくほくと温まる「しょうが紅茶」はおすすめです。

 

 

これは、漢方でも使われている方法で、
風邪をひいてしまった時にも効果的な飲み物となります。
なんだか体がゾクゾクするといったときにも、
ぜひ「しょうが紅茶」を試してみてください。
好みによってお砂糖を入れても大丈夫です。

 

しかし、体を温める食事で注意したいのは、
脂っこいものを避けることと、
体を冷やす効果のある野菜を知ることです。
脂っこいものはコレステロール値を上げるので、
血流を悪くさせる要因になります。

 

 

また、きゅうり、トマト、もやし、キャベツなどは生のままだと体を冷やしてしまいます。
もし食べたいときは、加熱して煮物や炒め物にする工夫をしましょう。

 

 

髪の洗い過ぎに注意する

 

冬は髪の洗い過ぎには特に注意したほうがいいです。
なぜならば、冬は頭皮の乾燥がエスカレートしやすい環境だからです。

 

 

シャンプーは頭皮を清潔にするということが前提ですが、
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると頭皮の皮脂が残らないということと、
冬の空気の乾燥によって頭皮に傷が付きやすいということがあります。

 

 

できれば、冬のシャンプーは1日1回を限度にするなどして、
洗い過ぎないように注意しましょう。

 

 

育毛シャンプーは頭皮の皮脂にダメージを与えない造りになってはいますが、
過剰に頭皮を洗い過ぎれば頭皮の皮脂にも影響を及ぼします。

 

 

さらに洗うときの指の使い方によっても頭皮は傷つく可能性が大いにあります。
基本的には「指の腹で優しくマッサージするように頭皮を洗う」のが理想です。

 

 

しかし、ゴシゴシと洗ったり、爪を立てて洗ったりすると、
頭皮が傷つく可能性が大きくなります。

 

 

さらに冬の乾燥で傷つけてしまった頭皮の傷が炎症を起こしやすくなってもくるので、
シャンプーは回数を決めて、優しく洗うことを心掛けましょう。

 

シャンプーをしている男性

 

 

タバコを控える

 

喫煙者の人に言えることですが、タバコは血管を収縮させます。

 

 

血管が収縮すると頭皮の血流も悪くなってしまうので、
タバコはできれば本数を減らす工夫をしたり、
冬を機会に思い切って止めてみるのも良いかもしれません。

 

 

自律神経を整える

 

人間の体は交感神経と副交感神経とで体のバランスを保っています。

 

 

しかし、ストレス、不規則な睡眠、アルコール、食事の偏りなど、
自律神経が乱れると体の血流が悪くなります。

 

 

暴飲暴食、ストレスは避けるようにして、
規則正しい睡眠を心掛けるようにしましょう。

 

 

現代ではストレスなく規則正しい生活を送りづらいものです。

 

 

なので、できるだけ睡眠時間を多く取ったり、
アロマを嗅いでリラックスしたり、
趣味を持つなどしてストレスを溜め込まない工夫をしましょう。

 

冬の短い日照時間を理解する

 

冬は乾燥や冷えの問題だけではありません。
冬というのは日照時間が夏と比べて短いです。

 

 

ビタミンDは紫外線を浴びることによって皮膚から生成されます。
日照時間が短いということは、
ビタミンDの生成がそれだけ少なくなるということです。

 

 

そこで近年では、ビタミンDが活動をやめてしまった細胞を
再び活性化させる働きがあるということがわかりました。

 

 

失われてしまった髪の再生を復活させる重要な役割があるので、育毛活動においては積極的に陽に当たることも大切だと言えます。

 

おわりに

 

効果が高い冬の育毛対策をテーマにご紹介しました。

 

比較的簡単に取り入れやすい対策ばかりなので、
試していない人はぜひ今から実践して、効果的な育毛につなげてください!

 

⇒ チャップアップはM字ハゲに効果抜群の育毛剤だった! のページへ進む

 

⇒ 育毛剤を徹底比較!実際に使って改善効果を検証しました。