MENU

「白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくい」って本当なのか?

 

「白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくい」という噂を聞いたことありませんか?

 

白髪が多くふさふさしている人を見て、この噂を信じている人も多いのではないでしょうか?

 

果たして本当に、白髪の多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくいのか?

 

その真意についてご説明します。

白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくいというのは、間違い!

実は、白髪が多い人がM字ハゲ、薄毛になりにくいというのは、真っ赤な嘘です。

 

M字ハゲ、薄毛と白髪になる仕組みを比較すると簡単に分かることです。

 

<M字ハゲ、薄毛になる仕組み>

髪の毛を、生やし育てる細胞、毛母細胞があります。

 

この細胞が日々、髪の毛を生やし、育てています。

 

この細胞に異常が生じることによって、抜け毛や薄毛といったトラブルがおきてきます。

 

<白髪になる仕組み>

一方白髪についてですが、、髪の毛を黒くする細胞には、メラノサイトという細胞があります。

 

メラノサイトはメラニン色素を分泌し、髪の毛を黒くしています。

 

メラノサイトが何らかの原因で、働きが悪くなると、メラニン色素を産生できなくなり、白髪が増加します。

 

このメラノサイトと、毛母細胞は全く別の細胞でそれぞれが独立して働いています。

 

ですから、メラノサイトの働きが悪くなったからといって、毛母細胞の働きが活発になるということはありません

 

ですから、白髪が多い人が、M字ハゲ、薄毛になりにくいということは全くありません。

白髪が多い人のほうが、M字ハゲ、薄毛になる可能性が高い

白髪の原因には、遺伝的要因と環境的要因があります。

 

遺伝的要因としては、もともとメラノサイトの働きが悪かったりするので、なかなか予防することは難しいです。

 

一方、白髪の環境的要因としては、以下のことが挙げられます。

 

・不規則な生活

 

・タバコ

 

・ストレス

 

このような理由で、頭皮の血行不良を引き起こし、髪の毛を黒くするメラノサイトに栄養が行き渡らず、白髪が増えます。

 

この血行不良により栄養が行き渡らず、白髪になった場合は、

 

 

発毛を促す毛母細胞にも栄養が十分に行き渡らないため、抜け毛を引き起こし、M字ハゲ、薄毛になる可能性が高いのです。

 

 

つまり、生活習慣などが原因で白髪の多い人は、M字ハゲ、薄毛になる確率も高いのです

「白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくい」って本当なのか?

「白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくい」という噂についてのまとめ

 

・「白髪が多い人はM字ハゲ、薄毛になりにくい」ということはウソ

 

・生活習慣などが原因の白髪の人は、M字ハゲ、薄毛にもなりやすい

 

白髪が多い人は、M字ハゲ、薄毛になりにくいことはウソであるどころか、

 

生活習慣などが原因の白髪は、頭皮の血行不良を引き起こしているため、ハゲにもなりやすいという、全く逆のことが言えます。 

 

こういった間違った知識を改めることで、未然に白髪だけでなく、M字ハゲ、薄毛を予防することにつながります。

 

もし、あなたは白髪が多く、上で書いた生活習慣に当てはまるようでしたら、早めに生活習慣を改善しましょう。

 

そして、すでにM字ハゲ、薄毛が始まって悩んでいるならば、私のM字ハゲ、薄毛が治った育毛剤「チャップアップ」をおススメします。

 

>>>最安値で買えるチャップアップの公式ホームページはこちら

 

AGAに行かなくてもチャップアップで大丈夫