MENU

「M字ハゲ」とひとくくりに言うのは簡単ですが、そもそもM字はげって何か基準があるのでしょうか?

 

もしM字はげの基準があるのだとしたら、いったいどこからM字はげなのでしょう?

 

今回は、M字はげの基準について考察してみたいと思います。

M字はげの基準はあるの?

M字はげに基準というものはそもそも存在するのでしょうか?

 

もしあるとしたら、M字はげで悩んでいる人にとって、かなり気になる基準だと思います。

 

M字はげの早期回復を目指すことを考えたらM字はげを把握しやすい基準とも言えるでしょう。

 

そこであらゆる情報からリサーチを行った結果、
M字はげの基準というものは存在するということがわかりました。

 

それは「ハミルトン・ノーウッド分類」というものです。

 

この「ハミルトン・ノーウッド分類」という分類は、AGAの進行度合いをマップで現したものです。

 

AGA(男性型脱毛症)と男性ホルモンの関係性の研究を行っていたアメリカのハミルトンという医師が薄毛のパターンを分類、のちに植毛外科医として活躍していたノーウッドという医師が薄毛のパターンの改定を行い、「ハミルトン・ノーウッド分類」というAGAのマップが完成しました。

 

そしてこの二人の医師の名前が付いた「ハミルトン・ノーウッド分類」には、大きく分けて7つの分類があり、AGAの進行度合いによってその分類のどれかに当てはまるようになっています。

 

そこで参考までに「ハミルトン・ノーウッド分類」の7つの分類を説明いたします。

 

T型:抜け毛はあるものの髪の再生が追い付いていて、薄毛の進行度合いが見た目ではほぼわからない状態。
U型:前髪がM字にやや後退しはじめて抜け毛の量が若干増えている状態。
V型:前髪がM字に後退が進み始めて抜け毛の量が多くなり、頭頂部の髪も薄くなってきている状態。
W型:前髪がM字にさらに後退を始めて抜け毛の量が多くなり、頭頂部の髪も抜け毛が多く減少している状態。
X型:前頭部分の髪と頭頂部の髪がとても薄くなり、地肌の露出が大きい状態で、前頭部と頭頂部の髪も減少している状態。
Y型:前頭部から頭頂部にかけて髪がほとんどなく、地肌の露出している面積が大きい状態。
Z型:前頭部から頭頂部にかけて髪が無く、耳上から襟足にかけてわずかに髪がある状態。

 

ハミルトン・ノーウッド分類

「アイランドタワークリニックHPより」

 

はげるタイプは大きく分けて2種類があるようで、M字から徐々に後退していくM字はげタイプと、頭頂部から徐々に薄くなっていく頭頂部はげタイプです。

 

日本人はM字よりも、つむじや頭頂部から薄くなりやすい特徴があり、
その特徴をふまえて新たにM字に髪が後退するよりも頭頂部が薄くなる「Uvertex」という分類が追加されています。

 

ですので、M字はげも頭頂部からのいはげも、この「ハミルトン・ノーウッド分類」のどれかに型が当てはまります。

 

このようにハミルトンノーウッド分類というのは、
AGAのクリニックでAGAの進行度合いの診断基準として取り上げられてるマップであり、
自分でも簡単にAGAの進行度合いを調べることができます。

どこからがM字はげなのか?

では、どこからがM字はげに該当するのでしょうか?

 

もともと生まれつきM字が薄いという人も世の中にはいるので、
M字はげとという診断をされるのはどこからを指しているのか気になるところですね。

 

先ほどの「ハミルトン・ノーウッド分類」の基準を参照すると、
M字はげの人の場合は「U型の段階から該当」することになりますが、
M字はげの場合は「ハミルトン・ノーウッド分類」からさらに細かい診断基準があります。

 

そのM字はげの診断基準をご説明いたします。

 

 

M字(こめかみ)の生え際から、頭頂線(耳の穴から頭頂にかけてまっすぐの部分)との間隔が2cm以下の場合、M字はげであるとされています。

 

 

もっと簡潔に説明すると、
「M字はげになっている生え際と、頭のてっぺんとの間隔が2cm以下だとM字はげ」
だということになります。

 

もしM字はげの生え際と、頭のてっぺんとの間隔が「2cm以下となっている場合は、かなりM字はげが進行している」と思われます。

 

M字はげになるとその進行速度はとても速いとされています。

 

ですのでちょっとでもM字にはげてきたような実感を感じ始めたら、
「2cm以下になっていなくても早めの対策」を心掛けましょう。

 

*参考記事: 私に効果がでたM字ハゲ育毛剤の結果・詳細を画像付きで説明しています。

おわりに

M字はげにも診断基準があり、どこからM字はげとされるのかがお分かりいただけたと思います。

 

薄毛の対策は早めであればあるほど効果的です。

 

なんだかこめかみあたりが薄くなってきたと感じたら、早めに育毛剤などで早期に対応するように心掛けましょう。