MENU

M字ハゲを改善するためには、なぜ3カ月対策を継続する必要があるのか?

前頭部が徐々に目立ってくるM字ハゲは、
目立つために気にして、悩んでい人も多いです。

 

そのM字ハゲの改善に、多くの人が育毛剤を使用しますが、
効果が出るまでに3ヶ月かかることもあり、途中でやめる人が多いです。

 

ここでは字ハゲの改善に必要なヘアサイクルをご説明すると共に、
育毛剤の効果的な使い方についてもご説明いたします。

 

 

M字ハゲの改善に必要なヘアサイクル

 

人の髪の毛は生えてから抜けるまでには、
「成長期」→「退行期」→「休止期」という3つの期間があります。

 

 
・成長期(2年〜6年の期間):毛母細胞が盛んに分裂を行い、髪の毛が成長する時期。
 
・退行期(2〜3週間の期間):毛母細胞の分裂が弱まり、髪の成長が弱まる時期。
 
・休止期(3〜4ヶ月の期間):毛母細胞の分裂が止まり、古い髪の毛が抜ける時期。
 

 

このように髪の毛は、「ヘアサイクル」という周期性を保っており、
古い髪を捨て、新しい髪の準備を行い、新しい髪を成長させるのです。

 

その髪の毛のほとんどは成長期が占めていて、
頭髪の全体の80%〜90%の割合で、成長期の髪が生えています。

 

M字ハゲ、薄毛の人は、ヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期が長くなっています。

 

M字ハゲの改善に必要なことは、短くなったヘアサイクルを長くし、正常な状態に戻すということなのです。

 

 

育毛剤の効果的な使い方

 

髪の毛を育てるための毛母細胞を活発にするのに、
育毛剤は効果的なアプローチ方法となっています。

 

育毛剤の効果を実感するには、最低でも3ヶ月、理想は6ヶ月〜1年と言われています。

 

これは、髪がヘアサイクルという周期性に基づいた期間なのです。

 

育毛剤を継続して使用することで、短くなったヘアサイクルを長くして、
新たに準備している髪の毛母細胞を促す役割があるのです。

 

ですので、育毛剤はヘアサイクルの観点からも分かるとおり、
最低でも3ヶ月は継続して使う必要があるのです。

 

 

M字ハゲの改善には、育毛対策を継続する必要性|おわりに

 

M字ハゲの改善に必要なヘアサイクルというのは、短くなった成長期を長くし、
休止期から次の髪を育てるための「毛母細胞を活性化」することだということです。

 

そのヘアサイクルの改善策として、育毛剤を使うことは効果的であり、
効果を実感するためには最低3カ月間継続して使用する重要性がお分かり頂けたと思います。

 

最低3カ月は、育毛剤を継続して使用し、M字ハゲを改善させましょう!

 

>>>私のM字ハゲが改善した育毛剤「チャップアップ」の結果はこちら【画像あり】