MENU

意外と知られていないミノキシジルの副作用

季節も変わり、少しずつ肌寒くなると、気になってくるのが、抜け毛。

 

季節の変わり目は、蓄積したダメージによる抜け毛が増え、排水口をみるとゾッとする人も多いのではないのでしょうか。

 

この時期に育毛剤の使用を考えている方も多いと思います。
しかし、育毛剤には副作用を伴う成分を含んだものも多く売られています。

 

今回は育毛剤の副作用についてお伝えします。

知らないと怖い!育毛剤の副作用

育毛剤の中でも、有名な商品にはミノキシジルという発毛効果が認められている成分が入っています。

 

その効果は頭皮の血管が拡張することにより、血流が改善し、発毛効果が期待できるというものです。

 

しかし、発毛効果があることをコマーシャルなどで知っている人は多いですが、
その一方で全くと言って知られていないのが、その副作用です。

 

ミノキシジルはもともと、高血圧抑制のために開発された薬で、その後、発毛効果があることがわかったという経緯があります。

 

従って、医薬品である以上、副作用のなかには重大なものもあります。

 

1つずつ、その副作用を確認していきましょう。

 

まず、最も多く報告されている副作用は、頭皮の痒みです。
特に育毛剤を使用する頭皮は紫外線の影響を受けやすいので、痒みには要注意です。

 

次に報告の多いのがニキビです。
薬液を浸透させた箇所にできます。

 

そして、他にもあまり知られていない副作用があります。
ミノキシジルは血流拡張作用があるため、低血圧を引き起こし、意識がもうろうとしたり、不整脈を引き起こす危険性があります。

 

この血管拡張作用により、かすみ目、性的不能、手足や顔のむくみ、性欲減退、皮膚の紅潮などの副作用がみられます。

 

また、急激な体重増加といった副作用もあります。

 

他にも当然ながら発毛効果があるので、頭皮以外のひげや胸毛など他の部位での多毛症という副作用があります。
このミノキシジルは服用をやめると効果はなくなりますので、服用をやめたとたん、再び脱毛症状が認められます。

 

そして、最も恐ろしいのが、血管拡張作用があるため、循環器系疾患をもつ人が利用した際に、亡くなられたケースがあるということです。
このケースに関しては、その機序はわかっていませんが、循環器系疾患を持つ人はこのミノキシジルを使用してはいけません。

だから、副作用フリーの育毛剤を!

上記で説明したとおり、副作用がとても危険であるということはご理解いただけたと思います。

 

ですので、育毛剤を選ぶときは副作用がない育毛剤を選ぶことが大切です。

 

頭皮にダメージの少ない、無添加なものを選んだり、副作用のある医薬品ではなく、天然成分由来の発毛効果のある商品を選びましょう。
薬用シャンプーでは発毛、育毛効果は望めませんが、きちんと育毛剤として掲げている商品は発毛、育毛効果が期待できます。

 

その中でも副作用のない、安心安全な植物などの天然成分由来の育毛剤を使用しましょう。

 

 

育毛剤の副作用 まとめ

コマーシャルでは定番の育毛効果が認められる成分は、実はとても怖い副作用があります。
恐ろしいものでは使用者の命を脅かしたりすることもあります。

 

そういった副作用に怯えずに、安心して使うことができる、副作用のない育毛剤を選びましょう。
副作用に怯えることのないストレスフリーな育毛剤があなたのライフスタイルを充実させますよ。

 

私が使用しており、効果が高いチャップアップは、天然成分由来の安全な成分を使用しており、
また、無添加、無香料で安心して使うことができます。

 

>>>チャップアップの公式HPはこちらから

 

 


「チャップアップ(CHAP UP) VS プランテル」


M字ハゲ、世紀の対決の結果はいかに?!