MENU

話題の新育毛剤 「フィンジア(FINJIA)」とは?

私も使っていたM字はげ専用育毛剤「プランテル」。

 

そのプランテルを発売しているユーピーエスから新しく発売された話題の育毛剤「フィンジア(FINJIA)」。

 

キャピシルが5%も配合されているのに安い!

 

業界関係者からは、早くもバカ売れするとの声が。

フィンジア (FINJIA)

 

 

 

 

<商品特長>
◎キャピキシルを5.0%配合
◎ピディオキシジルを2.0%配合
◎カプサイシンを配合。毛穴を開いて成分を頭皮の奥まで届かせる
◎成長成分10種類を配合
◎高級化粧品をイメージさせるおしゃれなボトルデザイン
◎返金保証30日
 

>>>FINJIA(フィンジア)の公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

業界関係者が売れるという言葉が当然気になる。

 

そこで、私が愛用しているチャップアップと徹底比較しました。

チャップアップ とフィンジア(FINJIA)の徹底比較!

 

価格、内容量

サプリメント

育毛成分

詳細

 チャップアップ

 

9,090円

 

120 ml

 

(約一か月分)

 

・センブリエキス

 

・グリチルリチン酸

 

・ジフェンヒドラミン

 

・全44種類を独自配合

詳 細

 フィンジア

 

 

9,980円

 

50 m

 

(約一か月分)

×

・キャピシル5%

 

・ピディオキシジル2%

 

・カプサイシン

 

・10種の成長成分

詳 細

 

チャップアップとフィンジアを比較して分かったこと まとめ

 

 

・フィンジアには、育毛サプリメントとが付いていない。
 
・量と値段のみで判断するとチャップアップがお得!

 

・フィンジアには、新しい育毛成分として成果が出ているキャピシルとピディオキシジルを配合。(業界最多配合かつ最安値。2015年12月現在)

 

・フィンジアは新成分が使用されており、十分に効果を試す価値あり。

 

 理論からは恐らく高い育毛効果が期待できる。

 

 

>>>FINJIA(フィンジア)の公式サイトはこちら

 

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!フィンジア(FINJIA)の2種類の最先端の有効育毛成分が含まれている!

今まで『日本』の薄毛対策、育毛の最善線を担ってきたのがミノキシジルとフィナステリドということは言うまでもないでしょう。

 

ミノキシジルは、日本皮膚科学会によって成果が認められてきた成分ですね。
この記事を読んでいる方の多くは、名前は聞いたことがあると思います。

 

しかし、ミノキシジルは、副作用がでる可能性があります。
私も頭皮が痒くなり、ミノキシジルが含まれている育毛剤「リアップ」の使用を止めた経験があります。

 

ミノキシジルの副作用について知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

意外と知られていないミノキシジルの副作用

 

フィンジア(FINJIA)には、これらミノキシジルとフィナステリドを覆す可能性があると言われている以下の2つの最先端の有効成分が含まれています。

 

・キャピシル
 
・ピディオキシジル
 

 

 

それでは、フィンジア(FINJIA)に含まれる期待の高い新有効成分「キャピシル」と「ピディオキシジル」について、詳しく説明します。

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!フィンジア(FINJIA)の有効育毛成分「キャピキシル」とは何か?

新育毛成分の一つ「キャピキシル」。 聞き慣れない成分だと思いますが、それもそのはず。

 

この成分「キャピキシル」は、
LUCAS MEYER COSMETICSというカナダの化粧品開発会社が開発したかなり新しい育毛成分なんです。

 

この新しい育毛成分「キャピシル」の特徴をご紹介します。

 

キャピシルは、ミノキシジルの3倍の効果がある!

 

一番注目すべき点は、ミノキシジルの3倍の効果があるということです。

 

これは、Lucas Meyer Cosmeticsの公開データです。

 

 

この棒グラフは、左が「ミノキシジル」、右が「キャピシル」。

 

公に公開されているデータでも、このように「キャピシル」の3倍の効果は証明されています。

 

キャピシルは、脅威的な効果の反面、副作用のリスクが無い!

 

前述のミノキシジルは医学的に発毛の効果が認められていますが、
その反面副作用が以下のような多数の報告もあります。

 

代表的なミノキシジルは、

 

*毛髪以外の体毛も濃くなる
*低血圧になる(動機、眩暈等)
*肝臓に負担がかかる
*にきびや肌荒れがひどくなる

 

これは医薬品特有のもので風邪薬を飲むと眠気に襲われるのと同じように、
薬にはベネフィットがある分、副作用はというのは付き物なのです。

 

副作用が心配で育毛剤に手をつけられずにいた方も、少なくないのではないでしょうか?

 

しかし、「キャピキシル」を含んだフィンジア(FINJIA)には、もうそのような副作用の心配は入りません。

 

このように有効育毛成分「キャピキシル」は、人工的に合成された薬ではなく、天然物で構成されていながら、ミノキシジルの3倍の発毛効果を持ち合わせているのです。

 

フィンジア(FINJIA)は、この「キャピキシル」を5%も含んでいる!

 

フィンジア(FINJIA)は、この「キャピキシル」を5%も含んでおり、日本の育毛剤の中で最も多い割合です。 (2015年12月27日現在)

 

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!フィンジア(FINJIA)の有効育毛成分「ピディオキシジル」とは何か?

ピディオキシジルの説明は、キャピキシルより説明は簡単です。

 

第2の育毛有効成分「ピディオキシジル」は、ミノキシジルの誘導体なのです。

 

どういうことかというと、科学的進歩が功を成した結果、
 
ミノキシジルから前述したような副作用を取り払った成分を開発することに成功したのです。

 

それがフィンジア(FINJIA)に含まれている「ピディオキシジル」なのです。

 

この新しい有効成分の「ピディオキシジル」は、フィンジア(FINJIA)に2%含まれており、これも日本の育毛剤で最も多い量です。

 

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!チャップアップを使っている私によるフィンジア、体験レポート

そのプランテルを発売しているユーピーエスから新しく発売された話題の育毛剤「フィンジア(FINJIA)」。

 

次にバカ売れする育毛剤は、フィンジア(FINJIA)だ!

 

という業界関係者、ネットでの口コミが凄いので、早速注文し、使ってみましたのでレポートします。

 

こちらが届いた期待の新育毛剤「フィンジア(FINJIA)」です!

 

 

かなり高級感があります。

 

容器はチャップアップよりかなり小さめです。チャップアップは、120mlでフィンジア(FINJIA)は50ml だからですね。

 

しかし、一回の使用量がフィンジア(FINJIA)のほうが少なく、どちらも一か月分です。

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!フィンジアのノズルもチャップアップと同じ仕様

フィンジア(FINJIA)のノズルは、プッシュタイプのスプレータイプでこれはチャップアップと同じですね。

 

このスプレーは、育毛剤をかけたい箇所にピンポイントにかけれるので、気に入っています♪

 

これが実際の写真ですね。液体の出る穴が小さいんです。

 

 

 

育毛剤で気になる匂いですが、チャップアップ同様、フィンジア(FINJIA)も気になる匂いは全くありません。
 
フィンジア(FINJIA)付けた直後はアルコール臭がしますが、すぐに消えて無臭になります。

チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較!まとめ

<チャップアップ vs フィンジア(FINJIA) 徹底比較した私の結論> 
 
今までの成分の中で、最高評価のチャップアップと新成分をふんだんに使用したフィンジア。
 
チャップアップにない新成分がフィンジアに含まれており、
フィンジアには、新成分の量が他のブランドより多く含まれ、しかも安いんです。
 
どのくらい効果を生むか、使ってみる価値は十分ありますね!

 

 

>>>FINJIA(フィンジア)の公式サイトはこちら